男を変える クリニックの包茎手術とバイアグラ

真実の姿

バイアグラを服用することによって、男性器のサイズは一段とアップすることが知られています。
勃起とはそもそも、男性器に血液が集中し、海綿体が膨らむことによってサイズアップすることを言います。そのため勃起時のサイズや硬さは、男性器に流れこむ血液の量と、そして男性器内から体内に血液を押し戻させない弁の働きが重要になります。
バイアグラを服用することによって、全身の血管が拡張します。これにより、男性器に流れ込む血液の量が増加すると同時に、男性器内から体内に血液が戻らないようにする身体の仕組みが働くようになります。
結果的に、バイアグラを服用することで、勃起時のサイズアップ、そして硬さが増し、自信の持てるペニスに成長させることができます。
しかし、正確に言えばこれはバイアグラの正当な使用方法ではありません。
バイアグラは勃起薬として開発されたのではなく、ED治療薬として開発されました。EDとは、勃起不全。肉体的、あるいは精神的な理由で、勃起することができなくなってしまった人の治療薬なのです。
サイズアップのためにバイアグラを服用するというのは、もっと健康になりたいからと言って風邪を引いていないのに風邪薬を飲むことに似ています。風邪でないときに風邪薬を飲んでも健康になるわけではありませんが、バイアグラはEDではない状態で服用しても効果を発揮します。
ただそれは、正しい使用方法に従ったものではなく、あくまでED治療の副産物として得られるサイズアップや硬さアップの恩恵を受けただけなのです。
健康的なリスクもあるため、サイズアップの目的のためだけにバイアグラを服用するのは、できれば避けたほうが良いでしょう。